肩を上げるには背骨の使い方を学ぶ!


バンカート修復術後1年

バンカート修復術をして1年間
整形クリニックや病院で
リハビリをおこなっていたそうなのですが、
痛みや可動域の改善が進まず、
身体機能向上のために
gaitスタジオに来ていただけました!

検査結果の課題

肩関節に関しては、
棘下筋の伸長性低下、収縮力低下により
可動域制限となっており
1年経過していることもあり
可動性向上がかなり難しい状況でした。

更に中学時代に脱臼した経験から
肩甲上腕関節の不安定性や脱臼への恐怖があり
腰を反って手を上げるという
癖がついており
より肩の可動性を阻害しているので
肩だけでなく現状の肩甲上腕関節の機能を
最大限活かせる
身体の使い方を覚える必要がありました!!!

評価と提案

評価より、
胸腰椎(背骨)の代償動作を避けつつ
肩を動かせるように
肩甲骨を使える様になる運動を実施していきました!

1回のエクササイズで
肩関節の可動性に変化があり
筋の柔軟性だけでなく
代償運動や身体の使い方にかなり変化があったと思います!

クライアントの感想

クライアントさんから
驚きと感動をして頂き、
「術後にこんなにスッと上がるなんて!」っと
感想を頂きました!!

回数券をご購入いただき
手術を行った肩甲上腕関節だけでなく
日常生活に支障が出る箇所を
全身を見て評価して
いろんな側面から一緒に身体機能向上を
目指していきましょう!!!

Follow me!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる